サプリメント

ローヤルゼリーの種類いろいろ

ローヤルゼリーは女王蜂のための特別なものであることは多くの方がご存知でしょう。
多くの方はローヤルゼリーときけば生の状態のものをイメージするかもしれません。
しかし、実際には他にも色々な種類が存在しているのです。

それでは、ローヤルゼリーにはどのような種類があるのかをそれぞれ説明しましょう。
特徴をそれぞれ理解することによって、利用しやすくなります。

まずは生タイプがあります。

こちらはミツバチの巣から採取して、それをまったく加工しないもののことです。
熱を加えるような処理は一切施されていないので、とても新鮮な状態が保たれています。
したがって、ローヤルゼリーが本来持っている栄養素がそのままの状態で含まれています。

ローヤルゼリーの効果を得たいのであれば生タイプが一番良いのですが、長く保存することができないというデメリットがあります。


次に紹介するのは乾燥タイプです。
こちらは熱処理を加えた後に、水分を完全に蒸発させて乾燥します。

これを粉末状にすることによって、乾燥ローヤルゼリーが得られます。
熱を加えることによって成分の一部が破壊されてしまい、栄養を完全な状態でとれなくなります。
最近はなるべく成分を壊さないように工夫して加工する技術が発達しているのですが、それでも生には劣ってしまうのでよく確認して下さい。

また、調整タイプというものがあります。
こちらは、100%の状態でローヤルゼリーが含まれているわけではなくて、他の成分が加えられているもののことです。
たとえば、美肌に効く成分や健康のための成分が配合されています。

これによって、より複合的な効果を期待できるのですが、ローヤルゼリーの配合量は減少してしまうので注意しましょう。
生に換算したらどれくらいの量が入っているのかがきちんと表記してあるので確認しましょう。
このように、3種類のローヤルゼリーがあるので、よく考えて選びましょう。

このページの先頭へ