サプリメント

ローヤルゼリーの採取法って?

ローヤルゼリーはミツバチが作り出す特別な物質なのですが、それをどのようにして採取するのでしょうか。
基本的にミツバチは巣の中にローヤルゼリーを貯め込みます。
巣の中には王台とよばれる部分があり、ここにこの物質を蓄えておいて、幼虫に食べさせるのです。

それでは、これを人間がどのようにして採取するのか、その方法について説明しましょう。
製品化をすることを目的として採取する場合は、人工王台を利用します。
天然のミツバチの巣からローヤルゼリーを取り出すのはなかなか困難な作業だからです。

人工王台は後でローヤルゼリーを採取しやすいように工夫された構造を取っています。
まずは、人工王台に孵化したばかりのミツバチの幼虫を移します。
この幼虫に向かって、働き蜂はローヤルゼリーを与えてくれるのです。

人工王台は働き蜂がたくさんいる巣箱の中に入れます。
人工王台を取り出すタイミングとしては、幼虫を移してから72時間以内です。
早めに取り出さないとローヤルゼリーをきちんと採取できなくなります。

ミツバチの幼虫というのは大きさが1ミリ程度しかありません。
したがって、慎重に人工王台へ入れていかなければいけません。
働き蜂はどんどんローヤルゼリーを運んできてくれるのですが、それを幼虫が食べてしまっては意味がありません。

できれば48時間以内が良いとされていますが、基本的には72時間以内に回収すれば大丈夫であるとされています。
このようにローヤルゼリーの採取は効率化が進んでいます。
なるべく天然の状態で得るために考えられた作業なのです。

上記のように採取することで、生ローヤルゼリーを得ることができます。
採取した後は、それをどのように製品化するのかによって、やることが異なります。
生のままにしておくのか、乾燥させるのか、他の成分と配合させて調整するのかによって、この後の作業は異なります。
以上がローヤルゼリーの採取法の説明となります。

このページの先頭へ